車の保護をしてくれる役割があるコーティングを施して寿命を延ばす

森の中に停まっている車

車のコーティングの種類とは

白のセダン

車のコーティングというのは、実は薬剤の種類はメインとして2種類しかないです。それがポリマー系とガラス系になります。
ポリマー系コーティングはかなり昔から行われてきたものです。大低ではありますが、1980年代あたりから普及してきました。そんなに昔ではないではないか、と思うかもしれませんが、日本ではそのあたりが車の普及率がグンと高くなってきたので、需要が増してきたのはそれが理由でもあるといえます。
このコーティング剤ですが、非常に強い艶を安価で出すことができます。但し、耐久性がそんなに良いわけではなく、意外と早く剥がれてしまいます。大凡3ヵ月から半年程度とされています。もちろん、車の酷使具合によって違うことになりますが、安価であるのはとても大きいです。
そして、もう一つの薬剤がガラスコーティングです。現在において、最もグレードが良いとされているコーティングになっています。ガラスコーティングは一度すれば、1年以上は持つとされていますから、こちらのほうがお勧め出来る要素は強いです。但し、ポリマー系よりも高価ですから、そこがややデメリットであるといえます。どちらにするのか、というのは自分の考え方次第になります。

what's new

recommended article